So-net無料ブログ作成

J:COMの回線にWi-Fiルータを繋ぐ場合の覚え書き [PC・インターネット]

先日の記事に書いたように、自宅に「J:COM」の回線を導入したわけですが、下り1Mの回線なので常用するつもりは全くありません。下り160M/40Mにアップグレードするとお金がかかるので、それはやらないつもり。だって速度や値段がWiMAX2+とあんまり変わらなく、そして機動性まで考えたらWiMAXの方が有利。

それでもモバイルルータの故障や紛失などの非常時には固定回線あったほうが安心なのと、有線だと接続が安定しているからskype用にはいいかもしれないのでとりあえず使えるようにしようと思ったら、手持ちのPlanex無線ルータ「MZK-WNH」がつながらない!あれ?ということで、MacBook Proをイーサーケーブルで直結してもつながらない!ネットワーク環境設定で、「自己割り当てのIP アドレスが設定されており、インターネット接続できない可能性があります」っていうのが出てしまう。

J:COMのスタートアップガイドには接続用CDが付いてるけど、普段使わない回線の設定とか入れたくない。Wi-Fiルータでなんとかしたいのに、どうなっているんだろう?ということで、モデムのルータ設定確認のため、CISCOの「DPC3000」のマニュアルをWiMAX経由でネットからダウンロード。
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/vc/cbcm/dpc30cmug/DPC3000.pdf
で、見たら中身うすいのなんの。おまけにルータ設定についての言及なんか全くなし。あれ?

そうです、DPC3000はモデムであってルータじゃなかった!そりゃぁつながるわけないわ。MZK-WNHを「アクセスポイントモード」から「ルータモード」に切り替えたら、MZK-WNH本体には自動的に「192.168.1.1」が割り振られて、なんの苦労もなしに接続できるようになりました。

おしまい。
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 1

通りすがり

あなた神!
ありがとう、役に立った!
by 通りすがり (2019-07-10 11:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。