So-net無料ブログ作成

「Industar-61 L/Z 50mm」持って、小下沢にハナネコノメを見に行った [山]

いい塩梅で咲き始めてます。
1:ハナネコノメ2019.jpg
関連記事: 高尾山で「ハナネコノメソウ」を見てきた

昨年春ぐらいに、禁断のソ連製レンズに手を出してしまいまして。
「Industar-61 L/Z 50mm F2.8」
2:インダスター.jpg
77年製。eBayでウクライナの業者から購入したんですが、レンズには特に目視できるようなカビ等もなく、絞りもスムースに動いてわりといい状態のものが来て安心。
3:インダスター横.jpg

このレンズの売りは、絞りの構造が独特で、6枚羽根なんですけど、F5.8〜F8ぐらいで六芒星の形になる。なもんでイリミネーションとかぼかすと、きれいな星ボケが映り込むという寸法。
4:星ボケ.jpg
ごめんなさいきれいな星じゃないですね。レンズの汚れが写り込んでる。

なおかつ、マクロレンズとしても使える。本来マクロの定義は「等倍から0.5倍の撮影ができるもの」だそうで、このレンズはそこまでの倍率は持たないです。セミマクロ、といったところ。
手持ちのFDレンズ、Canon FD100mm F4 macroと比較してみましょう。LUMIX G5で最大にまで寄ったときの画像がこちら。
5:FD100mm寄り.jpg
35mmまで写ってますね。フォーサーズのセンサーサイズが「17.3mm ✕ 13mm」ですから、FD100mmの倍率は「17.3/35 ≅ 0.5」と、ほぼ0.5倍ですから、一応マクロとしてよいか。

それに対して、indutar-61のほうはというと、、、
6:インダスター寄り.jpg
62mmまで写ってます。すなわち倍率は「17.3/62 ≅ 0.28」とかなり低いので、マクロという言うにはおこがましいのは確かです。でもマイクロフォーサーズで使うと画角がフルサイズの2倍ですから、かなり拡大された気分になる。だからマクロでいいんです!と若干キレ気味に擁護してみる。

なんて面倒なことは撮影時にまったく考えません。わりと小型の筐体で比較的気軽に対象に寄れるのは、普段使いにはとっても便利。持ち出す機会が増えそうです。

というお話はさておき、ハナネコノメ。今年もそろそろいい頃かなぁと、昨日小下沢まで行ってきました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダイナミックドライバとバランスド・アーマチュアのハイブリッドなのに安価なイヤモニタータイプのカナル型イヤホン、「KZ ZSN」を購入した [音楽:イヤホン]

4/21追記:「Pro」が出たけどこっちのほうが明らかに音が良い!近々レビューします!


ーーーーここから元記事ーーーー

これまで自宅ではソニーの「XBA-100」をレファレンス的に使用してきました。
関連記事:ソニー製カナル型イヤホンの新製品、「XBA-100」を買ってしまった!

もう4年以上前の製品ですが、未だ現役製品としてソニーのカタログにラインアップされている、とても息の長い商品。艶やかな音響が評判高く、わたしも買った当初はとても気に入ってたはずなんですけど、最近音質が不満になってきた。なんか艶やかさが後退した感じ。
その理由の一つには、外出用のKZ-HD9の音に毒されてきたことがあるかもしれない。
関連記事:爆安なのに驚異的に高音質なイヤホンを連発する深圳の新進メーカー「Knowledge Zenith」の新作、「KZ-HD9」を購入した

XBA-100は高音域は艷やかですが低域はもともと薄いところがありました。それに対してHD9は低音盛った感が結構ありますから、それに好みが引きづられてきたのはあるかもしれない。
でもそれだけだとXBA-100の華やかさが後退したように感じる理由にはならない気もする。単純にXBA-100が経年劣化したんじゃないかとの疑念が。
なにせ、本体周りに緑青が盛大に発生してるんですね。イヤーピース外すと音道管の周りとかものすごい。これがもしかしたら内部にも発生して、悪影響しているのではと疑っています。買い直して新品と比較すれば答え出るんですが、XBA-100のお値段で中華イヤホンいっぱい買えちゃうから、いまさら?

なのでレファレンスの更新を検討してた。最近のイヤホンは、従来のメジャーなブランド以外からもどんどん優秀な商品出てきますし。
例えばコンビニやホームセンターでよく売ってるスマホ用品なんかでおなじみの「多摩電子工業」の手がけるイヤホンブランド「fine Ears」。コンビニ商品メーカーってことで性能不安視する人もいるかも知れませんが、試聴した限りではなかなか高品質。TSH-HR500なんかはハイレゾ対応のナチュラルサウンドで4000円弱とお値段もお手頃でいい感じ。ただわたしの好みから言うとちょっと低音厚すぎ。


あるいは「SoftBank SELECTION」のイヤホンもいいの多いですよね。


でも、どこか音に癖があったりとか、レファレンスに使うには一長一短な感じがあって購入まで踏み切れてなかった。ならば以前購入した「KZ-ED9」をとりあえず使ったほうがいいかなー、と。
関連記事:高音質なのに低価格。なにかとうわさの中華イヤホン、「KZ-ED9」購入。

そんな中、昨年秋にKZブランドからまた新製品が。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「百合」って英語になってるんですね〜!「In Love With A Ghost」の新曲は、百合系ビジュアルノベルゲーム「Heart of the Woods」のエンディングテーマ [音楽:西欧]

プレイしてないですけどね。うん。



フランスの瀟洒なエレクトロニカアーティスト、「In Love With A Ghost」はお気に入りの1人ですが、結構多作。昨年もアルバム一枚出してました。

関連記事:ほのぼのエレクトロニカ「In love with a ghost」に癒やされる

今度は、タイトルも書いたように、インディゲームのサントラ担当。
STEAM[レジスタードトレードマーク]ストア「Heart of the Woods

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モルドバのメタルコア「Infected Rain」がNapalm Recordsと契約、新曲「Passerby」を公開 [音楽:モルドバ]

Infected Rainはモルドバ出身のフィーメイルフロンテッドnu metal/metalcore。先日記事にしたヴァイオリンのコパチンスカヤと同郷ですね。
関連記事:クルレンツィス=ムジカ・エテルナ@トリフォニーホールにいってきた

2008年にギターのVadim "Vidick" OzhogとボーカルのElena "Lena Scissorhands" Cataragaを中心に結成。自主レーベルで3枚のアルバムを発表しておりましたが、デビューアルバム、「Asylum」は、ちょっと弱いかなー。でもセカンド「Embrace Eternity」にサードの「86」は、メロディがわりとよく、凡百のnu metalバンドからは頭一つ抜け出した感があります。



そして今春Napalm Recordsと契約を果たし、新曲「Passerby」を発表しました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クルレンツィス=ムジカ・エテルナ@トリフォニーホールにいってきた [音楽:クラシック]

以前から記事にしているようにあたくしはティルソン・トーマスのファンなわけですが、いよいよSFSの音楽監督を勇退するそうですし、今後はそのお姿を拝見する機会も少なくなってくるのかなーと少し感傷的になってしまうのです。

では新しい世代では面白い指揮者誰がいるかなぁ、と。最近気になってる指揮者は3人います。1人はFrançois-Xavier Roth。古楽器団体のLes Sièclesを主宰していることは以前に記事にしました。その後は、フランクフルト交響楽団と併合されちゃった南西ドイツ放送交響楽団の最後の首席指揮者を努めるとともに、2015年からはGürzenich Orchestraの音楽監督も努めてる。
二人目は、2016年からバーミンガム市交響楽団の音楽監督に就いたリトアニア出身の女流指揮者、Mirga Gražinytė-Tyla。まだコンチェルトのバックを出してるだけで、メインを務めてるレコーディングは出してないようですが、YouTubeでライブ音源をいくつか聴くことができます。ベートーヴェンでは弦を対向配置にしてみたりとか、音作りが面白い。今後の化け方に期待が持てる。

で、3人めが、ギリシャ出身のTeodor Currentzis(Θεόδωρος Κουρεντζής)。イリヤ・ムーシンの門下生で、自身の古楽器オーケストラ、musicAeternaを2014年に結成して活躍してる。彼のことを知ったのは、3年前かな。インマゼールの「Anima Eterna」と間違えて検索して見つけたんですよね。やっぱり古楽器系ということで注目したんですけど、youtubeとかで見られる映像見て瞠目しました。ものすごくスタイリッシュで刺激的。ライブでは団員が皆立ったまま演奏するし、見た目にも面白い。そして生み出す音響が、とりわけ奇をてらった解釈をしているわけではないですが、溌剌として新鮮。モーツァルトやチャイコフスキー、マーラー、ストラヴィンスキーなどの興味深い録音を出しています。
Currentzis自身は昨年から、先程あげた新生「南西ドイツ放送交響楽団」の首席指揮者に就任して、ブルックナーやチャイコフスキーを指揮した映像を南西ドイツ放送のYouTube公式チャンネルで公開してました(現在は放送協会でのストリーミングのみ)。


と、前置きが長くなりましたが、その注目筆頭のCurrentzisが来日するとの情報を昨年の今頃に察知したので、発売日にしっかりチケット確保していってきたのでした。もう1週間経っちゃったけど感想書いてみます。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Gordon Haskellに、Greg Lake、Adrian Blew、Jakko Jakszykが加わった豪華バージョンの「CADENCE AND CASCADE」が公開 [音楽:西欧]

プログレッシブ・ロック界の巨塔、King Crimson、は、今年で結成50週年を迎えます。それを記念して、公式YouTubeチャンネル「DGM Live - King Crimson 」では、マネージャーのDavid Singletonによるレアトラックなどの紹介を始めています。そして本日、歴代4人のボーカルによる「Cadence and Cascade」というレアバージョンがががっ!!公開されました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今年のエーデルは雪いっぱい [スキー]

正月に間に合った!

大晦日の本日、エーデルワイススキーリゾートで初すべりしてきました。

なんと本日は「全面滑走可」!ここ数年、栃木県エリアは暮正月は雪が少なかったですが、今年の年越しは、降雪間に合ってよかったです。上部の「枯れ木エリア」までオープンしたのにはびっくり。たしかあそこは降雪機なかったんじゃ。軽い天然粉雪で快適です。

でもリフト沿いの狭いコース、閉鎖されちゃったみたい。あとはなだらかなコースばかりなので、雪質だけでは積極的に滑らないかな。

しかし、「枯れ木」って。昔は「枯木沼」って言ってた気が。エリアの近くに「枯木沼」っていう沼があるんですよね。枯れ木なんて呼び方じゃ可哀想じゃないですかね。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロシアン・ターボ・ポルカ・メタル爆発!オーストリアのバルカンパンク、Russukajaの新作「No One Is Illega」は3月発売予定 [音楽:オーストリア]

「ロシアン・ターボ・ポルカ・メタル」を標榜するオーストリアのバルカンパンクバンド「Russkaja」の7枚目のアルバム、「No One Is Illega」が3月29日に発売予定。アルバム発表に先立ち、ボスニア・ヘルツェゴビナのバルカンパンク、Dubioza kolektivをゲストに迎えた「Druschba (You’re Not Alone)」が先行公開されています。


ゲストのせいか、スカっぽさが強くなったかな。

Russkajaは、ドイツのインダストリアルメタル「Stahlhammer」のボーカリストで、ジョージア(グルジア)系のロシア人を両親に持つGeorgij Alexandowitsch Makazariaが2005年に結成。ドイツ語、ロシア語、英語など多言語を駆使するMakazariaのパワフルなボーカルが爆発するハイテンションなプレイが魅力。ロシアっぽいバルカンサウンドが中核にあるのですが、奏でる音色は下世話とでもいうか、ジプシー風味あふれる親しみやすいメロディが主体で、ある意味ユーロポップの王道とでもいいますか。オーストリア放送協会のチャンネル「ORF eins」の番組でハウスバンドを務めるなど、彼の国ではメジャーな存在。


メタルの祭典、「Wacken Open Air」でのパフォーマンスでも、そんな彼らの魅力が体験できます。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブロムシュテットのブラームスが美しすぎて [音楽:クラシック]

最近フルコンサート公開するオケが増えてありがたい!

スウェーデンの名伯楽、ヘルベルト・ブロムシュテットが、かつての手兵である北ドイツ放送交響楽団改め、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団を指揮したブラームスの交響曲第二番のライブがNDRのYouTubeチャンネルで公開されています。


御年91歳、まだまだ矍鑠とした音楽づくりにには感服いたします。ヴァイオリンを左右に振り分けた両翼配置で対位法的な旋律の掛け合いも明晰に描き分けられて、美しい。美しさだけでなくしなやかな表現も秀逸。終楽章のシンコペーション的な旋律も軽やかに奏でられて快感。まだまだお元気そうで何より。
たまにホルンが、あれっ?ってなっちゃうのが残念だけど。

ところでこの録音何故か音声が左右逆になっている。観てて違和感が。無料公開のかわりにわざと?イヤホン逆につければいいんですけどね。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今年の御岳山はあんまり紅葉きれいじゃない [山]

台風で葉っぱが傷んだんですかねぇ?

2日の金曜が仕事休みだったので、御岳山へ行ってきました。あちこち紅葉の便りを聞くようになったので、奥多摩もそろそろかなぁと。
関連記事:青梅市の御岳山(みたけさん)の紅葉が見頃だった

ただ同じところ歩くのではつまらないので、馬頭刈尾根から払沢の滝へと滝巡り!を目標に。

ちょいとゆっくりでかけたので、御嶽駅についたのは10時ちょい前。駅降りたらバスに乗らず、青梅街道を右に行きます。御岳小橋を渡れば御岳登山口。ケーブルにも乗らずひたすら歩いて1時間ちょいで御岳ビジターセンター。いいペースです。おトイレ借りて体軽くしたら、ロックガーデン目指します。

10月後半気温が高めだったからか、あるいは台風のせいか、あんまり紅葉が綺麗でないです。長尾平は色づき始めてましたが、カエデ、この一本はきれいだったけど、あとはいまいちだったなぁ。
1:長尾平.jpg
Canon FD28mm f2.8 S.C.

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:旅行