So-net無料ブログ作成

Priori2 LTEを買ってしまった! [Android]

iPhone 6s出たっていうのに…..
amazonタイムセールで安かったんでつい….


今月からmineoをDプランに切り替えて、とりあえず手持ちの端末「P-01D」で利用始めたわけです。
関連記事:mineoの「Dプラン」SIMが早速届いた!
docomo端末はMVNOではテザリングが出来ないものがほとんどというのは周知の事実なわけですが、「P-01D」は例外的にrootとったりしなくても「FixAPN」などのアプリでアクセスポイントを固定できるはずだった。

でも久々使ってみたら、なんか安定しないんですよね〜。なんかちょっとしたはずみでアクセスポイント不安定になって再起動が必要になってしまった。前もこんなだったかなぁ?シルバーウィーク山に行きたいので不安定だと困る。
いずれにしても3Gしか使えないし、せっかくLTEサービスなんだから高速通信も出来るようにしておきたい。というわけで端末購入検討してました。

値段がだいぶ落ちてきたL-09cあたりの中古ルーターを買っても良かったんですけど、mineoのキャペーン期間中だったので通話プランにしたから、どうせなら通話できるようにしようということで、スマホに。P8LiteやZenfoneあたりはカメラの性能などもアピールしてますけど、大事な写真はミラーレスでとるし、iPhone5もまだ現役。それに、とってもハイパフォーマンスなiPod touchを買ったばっかり。
関連記事:New iPod touch 128GB買っちまった!
なのでやっっっっすいの買ってルーターに徹していこうと。

当初はglonass対応の「Fleaz POP」を考えてましたが、バッテリー容量が1500mAhしか無いのが気になった。

テザリングしたらただでさえバッテリー消費激しいのに、容量少なかったら不安。そんなところに「Priori2 LTE」のバーゲンがあったので、ポチってしまいました。

SPONSORED LINK




Priori2 LTEの主要な仕様は、
Android 4.4.4
Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz
RAM:1GB、内蔵ストレージ:8GB
microSDHC 32GB対応
ディスプレイ:4.5inch 480×854(FWVGA)
カメラ:リア500万画素、フロント190万画素
バッテリー:1700mAh
GPS搭載 (A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
e-compass

とまぁ、2年前ぐらいのミッドレンジクラスですかね?スペックだけ見ると、悪くはなさそう。
早速今日届いたので、使ってみました。

開封の儀、なんてぇのはやりませんが、箱だけ。
priori箱.jpg
でかい!なんか間が抜けた感じ。iPhone5のケースと並べたらデカさが目立ちます。iPhoneも6や6 Plusなら大きいんでしょうけど、ここまで箱大きくないかと。

NifMoのSIMもついてきたけどいらないからそのうち売っぱらおう。

本体も大きいです。FJL21より更に大きい。でも持った感じは悪く無いです。ぎりぎり許せる大きさ。背面パネルのマットな手触りもいい。

キャリア端末みたいに余計なアプリが入ってないのがいいですね。
アプリ一覧1.pngアプリ一覧2.png

まずは、通信設定。スクショのように、主要なMVNOのアクセスポイントはプリセットされてますが、mineoのDプランは出たばっかりだから入っていません。新規プロファイルを作成します。
アクセスポイント一覧.png

通信速度も十分です。日曜昼間でも夕方でも下り10メガ前後出てます。
尤も普段はmineoスイッチをオンにして200Kbpsで運用するつもりですが。
スピードテスト.png

せっかくなので、「AnTuTu Benchmark」でパフォーマンスを測定してみました。結果総合スコアは「19228」。
antutuスコア.png

FJL21よりちょっとだけいいぐらい。途中3Dベンチとかありますけど、同時に多くのオブジェクトを動かす場面では2~3fpsぐらいしか出なくて画面カクカクしまくり。Antutuスコアが30000近いiPhone5と比べても圧倒的に遅い。iPhone6sが出るご時世にこのスコアは情けないですが、安い端末だから仕方ない。

半日テザリングしながら出かけてみました。200Kbpsでウェブラジオ「Morow.com」を聴きながら。通信全く問題なく出来ます。ウェブラジオ再生ほとんど途切れない。ルーターとしては全然問題ない。テザリングしたままで約7時間バッテリーが持ちました。悪くないですね。でも9時間ぐらいもたないとちょっと不安。まめにテザリングは切るべきです。それとモバイルバッテリーは欠かせません。
追記:本体一切操作せず、朝からメールチェックとちょっとネットで調べ物するぐらいで使ってたら、満充電から10時間以上もった。ルータとしてもかなりいけてる。無論モバイルバッテリーはもしもの時のために必要ですけどね。

音楽ファイルも入れて手持ちのイヤホン、SonyのXBA-10、10c、100と、Apple EarPod、Muix ix3000で試してみました。
関連記事:
ソニー製カナル型イヤホンの新製品、「XBA-100」を買ってしまった!
韓国iSound製のカナル型イヤホン、「muix IX3000」を衝動買いしてしまった

思ったほど音質悪くない。聴感的にナローレンジで、特に低域は軽いです。けれども変に気張った音作りしてなくて、不自然な音はしません。ブロムシュテットのヒンデミット「交響的変容」が、意外とつややかに鳴り響き、各楽器の定位もいい。2楽章「トゥーランドット」の木管の絡みとかおもしろい。ただし奥行きは薄っぺらく感じます。


まぁ悪く無いといっても、あくまでもお値段なりの音ですけどね。この価格帯の中では好感持てるといったところ。iPod touch 6thと比べたら音像弱っちすぎます。それと、バランスド・アーマチュア型を駆動するにはパワーが足りないみたい。SonyのXBAシリーズはすべて土台が弱いというか、音の芯が曖昧な響きです。それに対して、ダイナミック型のMuix、Appleはわりと聴けた。
あとこれは再生アプリの問題かもしれませんが、ギャップレス再生がきちんと出来ない。Marillion「Misplaced Childhood」のようなアルバム全体が組曲になってるもの聴いてると、曲間で「ブチッ!」とノイズが入って興が削がれます。

「BubbleUPnP」入れてDLNAサーバーにするぶんには問題なし。iPhone側で安定して音楽も動画も再生できます。
関連記事:Chromecastでも便利なDLNAクライアント/サーバーアプリ、「BubbleUPnP」
ちなみに最近のお気に入りクライアントアプリは、
mconnect player free App
カテゴリ: ミュージック

価格: 無料

mconnect player App
カテゴリ: ミュージック

価格: ¥480

有料版との違いは広告の有無だけのようです。たまに落ちるけど無料版で十分。

カメラ性能は、ダメダメっすね。まぁスマホのカメラに期待しちゃいけないんでしょうけど、全体にノイジーで像は平板。フォーカスも遅い。
シモツケソウの花びらが色とんじゃってます。
シモツケソウ.jpg

林内の写真では、ざらつきが多すぎ。
彼岸花.jpg

ちょいとピンボケな写真でなんですが、赤の出に不満が残ります。
バラ.jpg

iPod touch 6thでの写真はこちら。
バラiPod touch.jpg
iPodもやっぱり平板な画像になりがちだけど、Prioriと比べたら質感高いですね。

カメラアプリは、Android標準のものなのかな?実は結構機能高い。露出補正やホワイトバランスが補正できたり、HDR機能も備わっている。
カメラアプリ機能.png

でもHDRで撮っても、とくにクリアな画像にもならず。
prioriのHDR.jpg

ホワイトバランスを日陰補正で撮ってみたら、ちょっと不自然すぎ。
シモツケカラーバランス日陰.jpg

iPhotoで調整したら、ノイジーだけどまだ見られるようになりました。
シモツケ補正.jpg

結論として、旅行用のルーターというわたしの目的には十分。fomaプラスエリアも対応だそうでエリアに不安なし。通信速度もテザリングも安定している。
いまどきのスマホとしては非力。カメラしょぼすぎるし処理速度も遅い。まぁでも安いし、こんなもんかなぁ。
そのうち山に行って電波の掴みを検証してみます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0